薬剤師求人で選ぶ転職活動ガイド

-  |  次の7件 »

薬剤師求人を給料だけで選ぶと後悔します!




■零細企業でも大企業より給料が高いところは沢山あります!


薬剤師さんが働く業界の中でも「医薬品業界」は、高学年収のイメージが強いです。
しかし仮に業界最大手の会社でも、給与水準が業界一高いわけではありません。


つまり大手だから給料がいっぱい貰えるわけではないんです。


従業員数が多くても、従業員一人あたりの収益性が比例して高いわけではありません。
むしろ零細企業のほうが従業員一人あたりの収益性が高いケースが多いです。


収益性が高い会社は、その分従業員の平均給与も高くなる傾向が強いです。


ですので、必ずしも事業規模や会社の規模に比例するとは限りません。


町のハズレにあるような調剤薬局でも元気のよいところはたくさんあります。


こうした小さな調剤薬局でも給料がかなり高めに設定されていたりします。


というのも、ある程度高めに設定しなければ、薬剤師を確保するのが困難だかです。





■中小零細企業には新卒が来ない?


基本的に事業規模が小さな会社はブランド力がありません。


このため優秀な人材を確保することが難しいので、振り向いてもらおうと必死です。
給与を高めに設定したり、勤務条件を良くすることで広くアピールしています。


競争が激しい業界では、ある程度給料を高めに設定しないと人材の確保が困難です。


中でも中小零細企業は従業員を確保するのが難しいです。


このため新卒を採用して育てたいという想いがあっても、人が集まりません。


必然的に中途採用を中心に雇用することになるわけですが、やはり同じ業務を行なう
のであれば、少しでも給料が高いところを選ぶので、給料を高めにしています。






■新卒の薬剤師はより専門性の高い仕事を求めてる?


薬学部が4年制から6年制に移行したことで、より偏っています。


薬学部の学生の大半が、総合病院や大学病院などへの就職を希望します。


人材難から医療の分業化が進んでいるため、薬剤師さんが活躍できる場が今後さらに
増えることが期待されているため、薬剤師さんの間でも注目が集まっています。


薬剤師としての「専門性」を活かせるだけでなく、幅広い知識を吸収しながらスキル
を高めることによって、薬剤師としての高みを極めることができるからです。


ですので「年収」ベースで大きな差があっても、ドラックストアよりも病院への就職
を希望する学生が依然として減りません。今後もこうした傾向が続きそうです。


タグキーワード
薬剤師の給料についてカテゴリの最新記事

薬剤師過多の時代は本当にくるのか?事実は逆?




■本当に薬剤師過多の状況がくるのか?!


政権交代によって規制緩和が急速に広がっています。


確かに新規参入しやすくなるなどメリットはいくつかあります。


しかし、デフレが続いている状況下ではいたずらに競争が激化するだけです。


そうなるとその業界で働いていたい人達の働く場が失われることになります。


そうした中で将来的に薬剤師も過多となると言われていますが、確かに調剤業務だけ
しか薬剤師の仕事がなくなれば高い確率でそうなることでしょう。


しかし薬剤師の皆さんが活躍する場は医療機関を中心に確実に増えています。


医療分業化が進んだことによって、薬剤師さんに求められる役割が拡大しています。


またコンビニやスーパーでも医薬品販売が一部認められるようになったので、今後は
流通業界でも薬剤師の皆さんが活躍できる場が確実に増えていくことになります。


事実医薬品を販売するために医薬品を陳列するスペースを確保していますよね。





■薬剤師の需要が急拡大中!


マツモトキヨシなど一時ドラッグストアが急拡大しました。


医薬品だけでなく、日用品や食品を取り揃えたことで、コンビニ、スーパーのシェア
を大きく奪いましたが、非常にも今後逆のことが行われることになりそうです。


勿論ドラックストア業界も指をくわえて待っていません。


都市部を中心に24時間営業の店舗を拡大しています。


ドラッグストアーのスーパー・コンビニ化が急速に進んでいます。


今後は地方にまで24時間営業の店舗が広がっていきます。


ですので、薬剤師さんが過多となる時代は当分先の話になりそうです。


またパート・アルバイトの薬剤師求人は、凄いことになっています。





■パート・アルバイトの時給が急上昇中!


賃金をさらにあげないと人が集まらなくなっています。


これはスーパー、コンビニ、ファミレスなどの低賃金労働も同様です。


時給が1円でも高いところを探して求職活動を行うので、人材確保がより困難です。


ただでさえ昔から薬剤師が不足している地方では大変です。


ありえない好条件を提示ずる求人を目にすることが多くなりました。


今現在パート・アルバイト薬剤師の時給は、2,000円を下回るのを探すほうが難しい
です。薬剤師が不足している地方では4,000円以上の求人がありました。


こうした好条件を提示する求人はハローワークや一般の求人メディアで入手するのは
非常に困難です。無リせずに薬剤師求人サイトの利用しましょう!



タグキーワード

薬剤師の活躍の場がさらに増えて需要拡大へ!




■薬剤師の社会的地位は高い本当なの?


日本の全労働者の平均年収は400万円を割り込む寸前まで低迷しています。


薬剤師さんの年収についてですが、やはり医師の先生にはおよびませんが、医療機関
に勤務する人達の中でも比較的高い給与水準を依然として維持しています。


しかし、そうはいっても薬剤師さんは専門性の高い仕事ですし、薬剤師の資格を取得
するまでに膨大な時間と費用をかけているわけですから、ある意味当然です。


薬学部に通えば、国立大学で400万円前後、私立大学で1000万円前後の費用が
かかるので、生活に十分余裕があるご家庭でなければ学費を捻出できません。


薬剤師の地位は社会的にも高いので、親御さんが希望する職種の上位にあります。






■薬剤師の需要が今後も拡大する!?


年収600万円以上を提示する薬剤師求人もあります。


薬剤師さんの多くが「向上心」が高いです。


できるだけスキルを高めてキャリアアップしたいと考えている傾向が強いです。


このため病院を中心とした「医療機関」で働くことを希望されている方が多いです。


チーム医療が進化する過程において薬物療法がさらに重要度が高まることでしょう。


こうした理由からドラッグスストアでは、依然にもまして薬剤師を募集しています。


しかし、ここ最近は「 人材不足 」に苦しめられており、常勤だけでなく非常勤でも
薬剤師を確保するのが困難な状況にあり、求人も以前より条件がよくなってます。


スーパーやコンビニとの熾烈な争いに打ち勝つために、「 24時間営業 」の店舗も
かなり増えているので、薬剤師の活躍の場は確実に増えています。


これらの競争がより活発化すれば、さらに薬剤師さんの需要は大きくなります。





■薬剤師を取り巻く環境が飛躍的に改善している!


薬剤師さんのアルバイトやパートの求人で「 時給2000円 」を切るものが少なく
なっています。地方では時給が4000円を超える求人も珍しくありません。


深刻な人手不足に悩まされているので、さらに上昇しそうな勢いです。


常勤でなく非常勤であっても、フルで働けばアルバイトでも年収500万円以上稼げ
るのが薬剤師の仕事です。ごく一部を除いて他の業界ではありえません。


今後さらに薬剤師さんの転職市場は、より大きくなる可能性が高いです。


高く自分を売れるときに売ることも大切ですので、キャリア相談を受けるだけでも、
「 薬剤師転職サイト 」を利用する価値は十分あります。



タグキーワード

薬剤師の給与・ボーナスは高額なのか?




■薬剤師の年収は平均よりも高いの?


サラリーマンの平均年収は、「400万円台」を割り込む寸前まで低下しています。
昨年からようやく賃金が上昇局面に入りましたが、依然として動きは鈍いです。


一方、薬剤師の年収は横ばいか微増で推移しています。


一口に薬剤師といっても、薬剤師の仕事は「調剤業務」以外にも色々ありますので、
職種によって大きな差が生じ、現状ではその差は広がる一方です。


例えば一般の調剤薬局で働くのと製薬会社で働くのとでは、年収で100万円以上の
差が軽くあります。ちなみに製薬・医薬品業界の年収は697万円です。





■薬剤師の平均給与は実は...


では薬剤師を職種に関係なく全体で見た場合の平均月収についてですが、意外にも、
社員数100人以下の小規模な事業所の平均月額給与は37万円と高めです。


次に従業員が1000人未満の中小企業で平均月額給与は34万円です。


最後に従業員1000人以上の大企業では平均月額給与は約38万8000円です。


中小企業と大企業とでは4万円以上差がありますので、年収にして50万円程度の差
がありますが、事業規模から考えれば、もっと差があってもおかしくないですよね。






■薬剤師のボーナスの相場は?


給与水準に関しては、特別大きな差はありませんが、ボーナスも同様です。


ボーナスは、基本給がベースになるので、ある意味当然なのですが、年収に差が出る
ので大事ですよね。ちなみに結果は以下のとおりとなっています。



(1)小規模の事業所のボーナス約145万円


(2)中小企業のボーナス約130万円


(3)大企業のボーナス約141万円



この結果だけを見て考えれば、小規模の事業所の方が魅力的ですよね。


大企業への転職・就職はライバルが多いので大変ですが、小規模の事業所であれば、
比較的に転職・就職しやすいことが考えられれますから狙い目です。





■ドラックストアは人材確保に苦しんでいる!


小規模の事業所で働く薬剤師さんは、こなさなければならない一人あたりの仕事量が
多いの、嫌でも力がつきます。独立されるケースも珍しくありません。


しかし、多くの薬剤師さんが、社員数が多い会社の方が給料・ボーナスが高いと考え
がちなので、こうしたことが意外な「 盲点 」となっています。


ちなみに、業種別で正社員の給与水準が高いのはドラッグストアです。


ドラッグストアは人手不足の中で人材を確保するのに必死だからです。


その次が調剤薬局、病院となっています。製薬会社に勤務する薬剤師の全てがMRの職
や研究職につけるわけではありません。人によっては給与を低く抑えられます。


只今ドラッグストアは、スーパーやコンビニのシェアを奪おうと必死です。


このため今後も店舗数を拡大する傾向が続くことが予想されます。


薬剤師の需要は今後も高止まり状態が続くことでしょう。



タグキーワード

人間関係の問題で転職するさいの注意点




■人間関係の問題は薬剤師転職理由のトップ


過去に転職された経験のある方にアンケートを取ったところ、「 人間関係の問題 」
を理由に転職された方が非常に多く、またその問題も深刻なものばかりでした。


最近では職場でのパワーハラスメントなどが大きな問題になっています。


パワーハラスメントは、職場の上司によるものだけではありません。


勤務年数に関係なく、その場をしきっている人による弱者イジメである場合が多く、
これにより「うつ病」を患い、場合によっては長期間の休養を余儀なくされます。



残念ながら転職しても、こうした問題が解消されるわけではないんです。


やっとの思いで転職に成功しても、必ずしも新しい職場の人間関係が良好なものとは
限りません。そうでない場合も多いので、この点に関しては十分注意が必要です。


もし新しい職場に馴染めず、また転職するようなことになれば、転職そのものが失敗
したことになります。そうなれば大事なキャリアに傷をつけたことになります。


転職を繰り返すことがないよう、十分注意しなければなりません。





■面接で職場について確認するのは困難?


転職活動の中で最も重要となるのが面接です。


面接で直接求人先の採用担当者と話すことができるわけですが、もし余裕があるので
あれば、このときにでも職場の雰囲気や人間関係について確認すべきです。


しかし、面接には時間制限があるので難しいですね。


逆に採用担当者から、聞いてもいないのに職場の雰囲気や従業員の人間関係について
説明しだしたら要注意です。そのまま信じると大変なことになってしまいます。


人間関係について、あまりにも期待し過ぎると裏切られます。


前職より良ければいいくらいの気持ちでいたほうが気を楽にもてます。





■入社したら意識して好印象を与える!


新しい職場に早く馴染むためにも職場の上司との関係が非常に重要です。


上司と良好な関係を築くことができなければ、職場で働くことが苦痛になります。


仕事だけではありません。全がストレスとなってしまいます。


上司に良い印象を与えるためにも、やはり初日が一番大切です。


仕事に対する積極性をアピールしなければなりません。


ですので、新しい職場では積極的に「メモ魔」になりましょう!


上司だけでなく、他の従業員の言葉も書きとめ、あなたのやる気を伝えましょう。
早い段階で上司に良い印象を与えることができれば非常に楽になります。



焦って転職すると必ず失敗する!




■人は不安になると失敗するために自ら動く?!


薬剤師の求人は沢山あります。薬剤師の求人を取り扱っている求人サービスがこれだけ
あっても飽和していません。しかし、だからといって簡単には転職できません。


希望する求人には、同じように他の薬剤師も興味があります。


好条件であればあるほど応募が殺到するわけですから、当然競争が激しいです。


面接まではスムーズにいっても、面接で落とされることが多いです。


面接で落とされると本当に精神的に落ち込みますよね。


ですので転職活動が思うように上手く進まないと不安になります。


考えなくてもいいことを考えて余計に不安になります。





■焦って転職すると入社後に必ず後悔します!


こうした状況が続けば、人間だれしも焦ってしまうものです。


そうなると適切な判断がきなくなります。


特に我々日本人は真面目なので、こうした傾向が強いです。


するとどうなるか?「内定」をできるだけ手にするために「妥協」します。


初めて薬剤師として就職する「新卒者」ならいざしらず、しっかりキャリアを積まれ
てきた薬剤師さんが条件についてしっかり話し合わないのは問題です。


入社してから「思っていたのと違う!」となる可能性が高いからです。





■やりたくないことは薬剤師転職さいとにおまかせ!


給与など、各種条件に関する交渉ごとは非常にデリケートな問題ですよね。


ですので、給与などの勤務条件については確かに聞きづらいですよね。


慎重すぎるくらいがちょうど良いわけですが、必ず確認しなければなりません。


長期間にわたって同じ職場で働くためには、その会社の「給料・ボーナス」について
の査定方法、有給休暇、年金、退職金のについて確認しなければなりません。


そのためにも薬剤師転職サイトが非常に重要です。


担当の「キャリアコンサルタント」に頼めば、こういった自分ではやりたくないよう
な面倒な交渉ごとも引き受けてくれますので、安心して転職活動を進められます。



タグキーワード

転職に過剰な期待を抱くと失敗する!




■人間関係の問題は転職理由の上位にある!


薬剤師に限らず、過去に転職した方の多くが「人間関係の問題」を理由にあげてます。


事実どの業界においても、「人間関係の問題」は転職理由の上位を占めています。


どんな仕事に就くにしても人間関係の問題はついて回りますので、避けられません。


薬剤師の仕事は、常に従業員同士連携して行わなければなりません。一人の小さなミス
がとてつもない大きな問題になりかねないので、一切の甘えは許されません。


例えば調剤薬局で働くにしても、窮屈なところで「 調剤業務 」を行うため、何をする
にしてもストレスを避けることができないくらい、緊張で空気が張り詰めています。





■転職すれば幸せになるわけではない!


人間関係の問題に悩まされる薬剤師さんが多いのは調剤薬局だけではありません。


病院や製薬会社の研究員であっても、薬剤師として働く場合色々な職種の人たちと連携
しなければなりませんので、良い人間関係を築くことが大切です。


しかし、そうはいっても色々な理由から、多くの方が人間関係で悩まされています。


人間関係が良い職場を探そうとすると転職そのものが難しくなります。


場合によっては転職そのものが失敗するかもしれません。


なぜかというと、転職したからといって、次の職場の人間関係が良いとは限らないから
です。しかし、多くの方がこうした点に気づけ無いため、転職で失敗します。





■離職率から分かることとは?


また上司についても同じことがいえます。


仮に今働いている職場で、上司と対立しているとします。


しかし、転職したらもっと嫌な上司の下で働くことになるかもしれません?


そうなれば転職した意味がありませんので、できるだけ慎重に行うべきです。


できるだけ問題から離れたいがために、転職を急ぎするのは危険です。


あくまでも一つの目安にしかなりませんが、人間関係が良い職場かを調べるのに適した
指標があります。それが「離職率」です。離職率が低ければ低いほどいいです。


それだけ働きやすいということですから、人間関係も良好である可能性が高いです。


こういった情報を薬剤師として働きながら自分で調べるのは難しいです。


「薬剤師転職サイト」を利用すれば簡単に調べてくれます。



タグキーワード
-  |  次の7件 »
Copyright © 薬剤師求人で選ぶ転職活動ガイド All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。